長門屋について

暖簾のあゆみ

嘉永元年、
江戸時代に長門屋の歴史が
始まりました。

長門屋の歴史は、時は江戸、会津藩の時代にさかのぼります。嘉永元年(1848年)、当時造り酒屋を営んでいた初代長平に、藩主松平容敬(かたたか)公から「庶民のお菓子を作れ」との命が下り、菓子屋として創業いたしました。
嘉永元年といえば、ペリーが黒船を率いて浦賀にやってくる6年前。会津が日本の歴史に大きく関わる戊辰戦争・白虎隊の、また少し前の事です。もしかしたら、白虎隊の少年たちも、勉学の合間に口にしてくれていたのかもしれませんね。

会津五副対

▲嘉永五年発行の城下町職別番付表「会津五副対」
当店は、菓子司に記載された店のうち、今も連綿と商いを続けているお店です。菓子司の部に、長門屋の名前がみられます。

とり飴

▲とり飴

創業当時に長門屋が製造していたのは「会津駄菓子」と呼ばれるものでした。江戸時代、白砂糖は大変な貴重品。武家などの身分の高い人が食べるものとされ、白砂糖を使った御菓子は上等のお菓子のみに使われました。庶民大衆や、子供相手の菓子屋は何を作っていたかと言いますと、甘みは主に、黒糖やでんぷん飴、そこに、くず米や粟、豆などの安価な原料を加えたものです。このお菓子は、上等な砂糖を使った「上菓子」に対してという意味で「駄菓子」と呼ばれました。この江戸時代の駄菓子は、今でも長門屋の店先に「とり飴」「だるま飴」「きらず」などとして並んでいます。会津に伝わる郷土菓子です。

時代に合わせて、
様々なお菓子を
作ってまいりました。

明治・大正・昭和にかけて、時代に合わせた多くのお菓子を作ってまいりました。木の葉パン、かるやき、山鹿せんべいなどの名前が記録に残っています。

長門屋では、残されたレシピと銅型を元に、明治・大正時代に作っていた菓子パンを「滋養パン」として復刻いたしました。当時流行っていたお相撲さんやグローブの形をした、かわいくて栄養満点のパン菓子。当時と変わらぬ味と形です。

免許鑑札

明治24年 政府発行の菓子製造・菓子卸・菓子小売の免許鑑札
長門屋三代目の時代のものです。住所には「福島県北会津郡若松町」と記されております。この当時の鑑札が3つ揃っている事は珍しく、非常に貴重な資料です。

長門屋 大正時代の店先

大正時代の店先

長門屋 昭和初期の店先

昭和初期の店先

伝統を、未来へ

21世紀に入り、様々なモノやコトが成熟していくなかで、生活の彩りであるお菓子もまた、百花繚乱の時代となりました。かつてのように、お菓子は小腹を満たすだけのものだけではなく、味わい、風情、想いなどを伝える為のツールとして、実に様々な用途をもって私たちを楽しませてくれています。
なかでも和菓子は、こまやかで丁寧な日本人の感性と、自然への敬意が詰まった、日本人の美意識の結晶です。
また、地域の郷土菓子には、その地に代々受け継がれてきた知恵と滋味とやさしさが詰まっています。私たちは、この美しい形を、より現代へ合うカタチへと進化させ、皆さまにご提案する「伝統菓子のリデザインシリーズ」に挑戦しています。

お菓子とは、時代の写し鏡。

そもそも、お菓子とは時代の写し鏡。
何もそう難しい事を言わず、その時代に流行っているものを取り入れてお菓子にすれば、きっと多くの人にウケる今風の商品ができるでしょう。
それではなぜ、私たちがあえて伝統にこだわり、それを残していきたいと考えているのか。

きらず

きっかけは、
2011年の震災でした。

原発事故によってもたらされた風評被害は、江戸時代に創業して以来会津の地に住み続けてきた私たちにとって、この上ない大きな出来事でした。
ここで商売を続けていいのか、という根本的な問題が私たちに重くのしかかりました。この迷いを振り切って、やはりここで生きていこう、とみんなで覚悟を決めたとき、ふっと、肩の力が抜け、今まで見えなかった自分たちの根っこが見えたのです。

それは、この地で私たちが重ねてきた歴史は、自分たちの歴史ではなく、それを買って食べて下さっていたお客様の歴史であった、ということ。

香木実(かぐのきのみ)

お菓子は、し好品です。なければどうしても困る、というものではありません。
しかし、震災後「あなたのところのお菓子を食べるとふるさとを思い出す。どうか、やめずに頑張ってください」と言われたとき、伝統をつなぐ、ということは、関わりを持ったお客様の「思い出」や「ふるさと」を残していくこととイコールであった、という事に気付かされました。

和菓子

一口食べれば、
あの頃へ戻れる味を。

幼いころ、お母さんに連れられて買った優しいおやつの味。一口食べればあの頃に戻れるふるさとの味。そして、親から子、子から孫へと食べ継がれることによって生まれる、世代をつなぐ味…
これを、作り手として責任をもって守っていくことが、私たちが老舗として看板を掲げる意味なのではないか。

そうすとんと腑に落ちたのです。

伝統菓子の
新しい価値を提案する

2017年度グッドデザイン賞受賞のお菓子
2017年度グッドデザイン賞受賞

技法は変えることなく、時代や生活様式に合わせてかたちを変えていくこと。
今までにない、こんな食べ方、こんな楽しみ方もいかがですか、と伝統菓子の新しい価値観をご提案すること。

それが、現代を生きる老舗のやるべき、大きな仕事のひとつであると考えております。
お陰様で、この取り組みは、福島の和菓子屋として初めてとなるグッドデザイン賞を受賞いたしました。

どうか、温かい目でこの挑戦を見守って頂けたら、何よりの励みでございます。

これからの新商品にもどうぞご期待ください!

お菓子の風景を旅行く ダウンロード

5代目会長が、和菓子をテーマに
講演会を行いました(2020年1月)

おすすめ商品

  • 羊羹ファンタジア Fly Me to The Moon
    3,500円(内税)
  • 香木実【かぐのきのみ】17個入
    2,000円(内税)
  • 麩の焼 且座【しゃざ】22枚入
    2,200円(内税)
  • くるみゆべし 花雪【はなゆき】10個箱入
    1,200円(内税)
  • 金ごまゆべし 月舟【つきふね】10個箱入
    1,200円(内税)
  • ぽちあめ(だるまあめ・とりあめ・幸せの青いとりあめ)
    160円(内税)
  • 会津 起き上がり最中 6個入
    1,180円(内税)
  • 和三盆糖シュガーマドラー 2本入り
    390円(内税)

営業日カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2020年12月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

ショッピングガイド

お支払い方法(決済)について

クレジットカード決済

  • VISA
  • Master Card
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • Nicos
  • UC
  • Saison Card
  • AEON
  • MUFG
  • DC

商品代引

代引手数料は一律320円となります。

返品について

食品ですので、お客様のご都合による返品・交換などはご遠慮ください。 万が一、お届けの商品が異なった場合や、破損・不良があった場合には、お届け後3時間以内にご連絡下さい。交換・返品する際には必ずメールにてご連絡下さい。すぐに返品・交換をさせていただきます。 ※この場合送料は当店が負担致します。

ご連絡用メールアドレス:aizu@nagatoya.net
電話番号:0242-27-1358
住所:〒965-0865 福島県会津若松市川原町2-10
株式会社 長門屋本店 担当:鈴木

配送について

ヤマト宅急便にて発送いたします。
料金は運賃全国一覧をご覧ください。
※クール便は別途210円です。

公式オンラインショップ限定
11,000円以上お買上げで送料無料!

1回のご注文金額の合計が11,000円(税込)以上の場合は送料無料となります。(沖縄・離島除く)
※お申し込み1回(1ヶ所へのお届け)につき、小計(商品代金のみ)が11,000円(税込)以上の場合は送料を無料とさせていただきます。
※キャンペーンなどにより予告なく変更になる場合があります。

商品発送のタイミング

日本国内にお届けします。通常、ご注文日より7日以内に発送します。お急ぎの場合はお問合せ下さい。

ご指定頂ける時間帯

午前中・14時〜16時・16時〜18時・18時〜20時・20時〜21時
※ただし時間を指定された場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。

同梱商品のお届けについて

お届け先が同じで、お届け日時が同じ場合、同梱して配送することで、1配送分の送料でお届けできます。
ただし、冷凍商品と、常温・冷蔵商品をご注文の場合、同梱ができませんので配送料がそれぞれかかります。
冷凍商品はお買い物かごを分けて、ご注文をお願いいたします。

営業時間について

ご注文は24時間受け付けております。
店舗へのお問合せは、下記の時間帯にお願いいたします。
9:30−17:00
※諸事情により臨時休業する場合がございますのでご了承下さい。
お問合せはaizu@nagatoya.netまでお願いいたします。

のし、メッセージカード、
手さげ袋について

お中元やお歳暮など贈り物をされたい場合にのしをご利用ください。
手さげ袋は無料にてお付けいたします。
のし・メッセージカード・ギフト用手提げ袋のご指定方法はこちらをご覧下さい。